twiceの日本人の過去について

現在韓国で大人気のガールズグループ、twice。この記事ではtwiceの日本人メンバーの過去について書いていきます。
twiceというグループ名には、「良い音楽で一度、素敵なパフォーマンスでもう一度感動をプレゼントする」という意味が込められているそうでtオーディション番組で勝ち残った9名で構成されているのですが、なんといってもその特色はその多国籍さでしょう。twiceは日本人3人、台湾人1人、そして韓国人5人と言う異色のグループですがなぜ日本人がいるのか,twiceにいる日本人の過去が気になりますね!



スポンサーリンク



twiceの日本人メンバー一人目ミナについて

twiceの日本人の過去について

本名:名井 南(みょうい みな)

twiceの日本人の過去について

生年月日:1997年3月24日(練習期間1年間)
出身地: 日本兵庫県西宮市
ポジション:サブボーカル、メインダンサー

まずミナ。その大人っぽい容貌で人気のあるメンバーです。韓国では事務所に所属して、練習生と言う修業期間を積んだ上でデビューするのが一般的です。この練習生の期間は10年にも及ぶ人もいます。その中でミナは練習生期間わずか1年半でデビューしたというまさにシンデレラガール。ダークセクシーと言われながらもK-POP好きと言うクールな印象に反する意外な過去もあるようです。
11年間続けたクラシックバレエで培ったしなやかなボディも魅力です。そこからついたニックネームが「ブラックスワン」。

短期間の練習期間にも関わらずデビューした事からも天才かとも言われていますが、ミナは紛れもなく努力型です。
ミナはかなりの韓国アイドル好きのようですが、中でもCNBLUEがイチオシだったよう。韓国アイドルが好きというのも、憧れからでいつかは自分がそいのような存在になりたいと夢見ていたのではないでしょうか。

ちなみにミナはアメリカ国籍を持っていますが英語は全く離せないようです。



スポンサーリンク



twiceの日本人メンバー二人目サナについて

twiceの日本人の過去について

本名:湊﨑 紗夏(みなとざき さな)
生年月日:1996年12月29日(練習期間3年半)
出身地:日本大阪府大阪市天王寺区
ポジション:サブボーカル、メインダンサー
EXPG大阪校出身。同校の元インスト
ラクターで現GENERATIONSの中務裕太のレッスンを受けたことがある。

二人目の日本人メンバーはサナ。サナと言えばなんといってもtwice2曲目の「CheerUp」のシャシャシャ!のパートでしょう。
これは「shyshyshy」という歌詞なのですが、このパートは担当のサナが歌うと「シャシャシャ」と言っているように聞こえ、それをまねるのが韓国の芸能人の中でも大流行しました。
BIGBANGのG-DRAGONもインスタグラムに投稿しています。練習生期間は3年半で、その韓国語はとても上手です。天然で不思議なキャラも愛されています。

サナは韓国人より韓国語をうまくこなすと言われています。しかし、その天然不思議ちゃんキャラにばかり目がいってしまうようです(笑)「四次元少女」と呼ばれているサナですがオーディションでは「スター性を見せてほしい」という要望に対して、他のメンバーが当然の如くダンスや歌を披露する中で突然料理を用意し出すサナ。
「美味しくなぁ〜れ」とおまじないをかけて社長の生春巻きを食べさせて「あの。有機野菜とか私使わなかったのですが大丈夫ですか??」と言い出す始末。

twiceの日本人の過去について

プロデューサーも思わず吹き出してオーディションの審査員に笑いが起きたようです(笑)この一件でオーディションでも「自分の魅力がよくわかっている」と認められたようです。日本での人気は一番だとも言われています。やっぱり自然体で魅力を引き出せるのが一番人に響くのでしょうね(笑)自然体だからこそその天然さがカワイイものになるのでしょう。

サナは中学3年生の時に友人とショッピングをしていた時にスカウトされました。当時からダンススタジオを掛け持ちで習っている程ダンスが好きで勉強熱心の努力家です。
韓国に旅立った時は、ほとんど韓国語も離せなかったようですが今ではtwiceの日本人メンバーの中で一番韓国語が上手いそうですね。でもやはり天然なのか、日本の音楽番組に出演した際に日本語を少し忘れてしまうというチャーミングな一面も見せてくれました。ずっと韓国にいて日本語を使っていなければそうなってしまうかもしれませんね(笑)



スポンサーリンク



twiceの日本人メンバー三人目モモについて

twiceの日本人の過去について

twiceの日本人の過去について


本名:平井 もも(ひらい もも)(練習生期間3年)
生年月日:1996年11月9日
出身地: 日本京都府
ポジション:メインダンサー

最後の日本人メンバーはモモ。そのダンスの才能で高く評価されています。オーディションでは一度脱落したものの、そのダンスの才能を買われ最終審査で奇跡的に復活しました。
どうやら最終審査を行ったJYPの対場上、モモの踊りの上手さをかって他の事務所に奪われたくないからデビューさせたようです。メンバーにも、「誰よりも努力家で頑張っていたモモの脱力がどうしても理解できない」
といって泣いていた者もいました。

twiceの日本人の過去について

元々モモはYouTubeに姉と一緒にダンス動画を投稿したところを事務所であるJYPのキャスティングチームに見つけられスカウトされてオーディションを受けるという経緯がありました。
3歳の時からダンスを習っていたみたいで、ずっと努力を続けてきたモモ。チャンスはどこに転がっているかわからないし努力し続ける事が夢や目標の実現に繋がるという事をモモが見せてくれましたね。

twiceの日本人メンバーには3人とも関西出身という共通した過去があります。
サナとモモは高校には行かずに韓国に行き、練習生生活を送っていたようです。韓国語も一生懸命勉強し、その努力が実って今をときめくアイドルグループの一員となりました。
勢いの止まらないtwiceの今後がますます楽しみです。



スポンサーリンク






twiceの日本人メンバーへの反応が気になる方はこちらへ・